ヘヴンリーブルー   


もしも楽器がなかったら 
いヽかおまえはおれの弟子なのだ 
ちからのかぎり そらいっぱいの 光でできたパイプオルガンを弾くがいヽ
 宮沢賢治-告別-


8月25日に小説『天使の卵』、『天使の梯子』の
アナザーストリーとして
『ヘヴンリーブルー』という作品が出るらしい。

俺このシリーズは弱いから、
また目を潤ませながら読むんだろうな。
そして、俺、本読むの遅いから
200ページに1ヶ月かかったりするんだろうな。

とりあえず、あの感動がもう一度ということですよ。


最近は、『おいしいコーヒーの入れ方』に手を伸ばしました。
[PR]

by a_wonderful_error | 2006-08-09 20:26 |

<< どこから、どこまでが、セクハラなのか 歴史 >>