どのページにも、どのページにも   

もう読み終わっちゃったよ『天使の梯子』。

ほぼ土日に読み終わらせてしっまたんだけど、こんなの初めて。

おもしろい!
読みやすい!
そして、切ない・・・。

『いつでも、誰に対してもできるだけ誠実に接しているつもりなのに、どうしてひとを傷つけずにはいられないんだろう』
両編とうして、特に印象に残った文章です。

なんで著者はこんなにも男のツボ(少なくとも俺はツボ)をとらえる女性を描けるんだろう。
まーだから作家なんだろうけど、自分が女のツボを押さえる男性を描けるかって言ったら、もちろん描けないし。描けたとしても、それは自分とは違う人物像を描くだろうな。
そう思うと、それもまた切なくさせる。

今秋に映画化されるみたいだけど、それをみてイメージを壊してしまうんなら、
大切に胸にしまっておきたい作品かも。
春妃役が小西真奈美っていうのも、ど~かな~。

でも、どーせ見ちゃうんだろうな、俺ミーハーだしw

次はおざわさんに借りた『他人を見下す若者たち』読むぞー!
[PR]

by a_wonderful_error | 2006-07-02 18:11 |

<< 結婚~この道の先に~ 暑い!熱い!厚い! >>